有 害 鳥 獣 捕 獲 業 務

近年、野生鳥獣による農作物被害が深刻化・広域化しており、被害額は、年間およそ200億円にも上っていると云われます。

唯一、昨年4月から茂原市様から有害鳥獣捕獲代行業務の委託を受けて、わなによるイノシシの捕獲を行っており、昨年末には、捕獲頭数も前年度の倍以上になり、順調に捕獲成果が上がっています。

さらには、農作物以外でも被害は拡大しており、身近なゴルフ場に於いても、イノシシやキョン等の被害や、人が多く集う自然を生かしたテーマパーク等に昼間でもイノシシが容赦なく出没し、人に突進する等、日常生活に於いても非常に危険と隣り合わせになっています。

そのため、各市町村及び民間企業様から弊社に対して鳥獣の捕獲相談が増加傾向にあります。

また、千葉県では昨年「認定鳥獣捕獲等事業者制度」がスタートし、弊社も役所様以外に各一般企業様や個人様にも横展開を図るべくより一層本格的に取り組むため、本年1月4日「鳥獣捕獲等事業の認定(千葉県第002号)」を交付して頂くことができました。(千葉県内の警備会社では、認定第1号)合わせて、弊社のわな免許取得者も30名程に増加しており、今後取得者を継続して増員を行うため、さらに広域捕獲活動も可能になっていきます。

他方、それらを捕獲するための「わな」の設置が全国的に進んでいますが、見回りや捕獲の際の自治体担当者や猟友会などの作業負担が大きく、効率的な運用が課題の一つとなっていることから、弊社では「有害鳥獣捕獲わなの監視装置」の取り扱いを開始しております。

導入時のメリットとしては、
ア わなの見回り頻度を減らすことが可能です。
イ 希少動物などの捕獲や子供の閉じ込め事故などを早期に発見可能です。
ウ わなの誤作動も感知できるので、わなの稼働率向上が図れます。
エ 捕獲後すばやく処理が可能になるので、状態の良い肉を確保することが可能となります。

商品の特徴
ア NTTドコモのFOMAでメールを送信します。
イ 2年分の利用料込み(3年目からは20、000円/年で更新可能)です。
ウ 付属の電池で約100回メールを送信可能(メール送信が無い場合も1年で電池交換が必要)
  ※電池消耗時は、作動時のメール本文に電池が消耗している旨が追記されています。
エ カメラ付タイプとカメラ無タイプがあり、カメラ付は作動時の画像(URL)も送信します。
オ 最大5ヶ所にメールを送信可能です。
カ 専用のWebサイトで画像履歴を確認可能です。
キ 防水仕様

 

鳥獣わな監視装置(チラシ)